コンテンツへスキップ

小田切歩 ,渡部優貴
〔キーワード〕算数授業,問題解決学習,グループによるディスカッション活動,説明
本研究では,深い学びを促すための算数授業の改善に向けて,グループによるディスカッション活動を採用した従来の「問題解決学習」の効果を,個人の変化に着目して実証的に検討することを目的とした。小学2年生の算数授業において,算数文章題の問題解決過程を,事前課題-授業(問題解決学習または教師による解説)-事後課題のデザインで検討した。分析の結果,グループによるディスカッション活動においては,児童の説明は十分に促進されなかったものの,全体による問題解決においては,授業課題の解法について根拠の明確さの度合いが異なる様々な説明が行われた。これにより,ワークシートの記述において解法に関する児童個人の説明が促され,それが事後課題における問題解決プランの促進につながったことが示された。しかしながら,単元全体の学習内容を関連づけた,より包括的な説明が十分に促進されなかったため,事後課題における正答の促進には至らなかった。以上のことから,算数授業における問題解決学習の改善に向けて,問題解決学習においてグループ活動を採用する意義を再検討する必要性と,児童の学習レベルを把握した授業デザインの重要性が示唆された。

小田切歩,渡部優貴
〔キーワード〕協同学習,理解深化,考えの整合化,説明,分数
本研究では,グループでの話し合いの後に全体交流を行う算数授業での協同学習において,児童が正誤両解法の比較と説明を行うことによる,児童個人の理解深化プロセスを検討した。小学2年算数の「分数」の単元において,日常的な知識を活かして解決可能な,分数の和に関する問題解決過程を,事前課題-授業(協同学習)-事後課題のデザインで検討した。分析の結果,グループ活動後に全体交流を行う協同学習について,以下の3点が示された。①協同学習を通じて,分数に関する児童個人の理解が促進される。②協同学習において,児童個人の分数に関する自分の考えが整合化される。③分数の和に関して,児童個人の自分の考えが整合化されることにより,個人の理解が促進される。さらに,各活動における児童の説明の特徴として,グループでの話し合いでは,児童の説明が十分に精緻化されないことがあるものの,その集団的な説明の変化が個人の説明の変化に直接的に影響すること,一方で,全体交流では,教師の支援により児童の説明の精緻化が促されるものの,その集団的な説明の精緻化が個人の説明構築に与える影響は,児童の既有知識により異なる可能性が高いことが示唆された。

小林寛子
〔キーワード〕説明,教授法,概念変化,誤概念,大気圧
これまでに,学習者の誤概念を修正することを目的として,教授者が学習者に提示する事例の種類やその提示順を検討して,教授法を提案する試みが様々に行われてきた。しかし,こうした教授の後には,学習者自身が改めて,教えられた内容を確認し,理解を構築していくことの必要性も指摘されている。そこで,本研究では,こうした説明活動の導入が概念変化に及ぼす効果について,実証的に検討することを目的とした。具体的には,まず,「真空は物を吸い寄せる力を持つ」という誤概念が見られる「大気圧」について,106名の大学生を対象に授業を行った。その後,対象者を,教えられた内容について自分で説明し直す活動を行わせる群(説明群:52名)と,教師の説明を書き写させる群(書写群:54名)にランダムに割り当てて,両群の学習効果を比較した。結果,書写群よりも説明群の学習者の方が,学習した内容を後続の問題を解く手がかりとして用いやすくなることが明らかとなった。以上の知見から,学習者の誤概念を修正するために,概念変化に必要な教授を行った後に,学習者が教えられた内容を自分の言葉で説明し直す活動を導入することの有用性が示唆された。