コンテンツへスキップ

佐藤誠子(石巻専修大学)
工藤与志文(東北大学)
[キーワード]知識の関連づけ,歴史学習,自己完結的推論,大学生
本研究は,大学生を対象に,歴史に関する知識学習の実態を明らかにするとともに,知識間の関連づけを企図した教授活動が歴史的事象の推論に及ぼす効果について検討するものである。検討にあたり,本研究では「コロンブス問題」を用いた。それは1492年にコロンブスが到着した西インド諸島の位置を尋ねるものであり,コロンブスに関する事実的知識(目的地,航路の方角,発見地等)を関連づけて学習することで解答可能な問題である。事前調査の結果,事実的知識を所有していても西インド諸島をインド亜大陸周辺に特定する者が少なくなく,彼らは問題間の解答の整合性に欠けていたことから,対象者の知識は個別的な状態にあることが推察された。そこで,問題の解決に直接関係する事実的知識だけでなく,その背景的知識を教授することでそれらの知識を関連づける教授活動をおこなった。その結果,コロンブス問題の適切解答が44%から73%に上昇し,歴史的事象の推論に積極的効果を及ぼしたことが示された。ただし,それでもなお西インド諸島の位置を誤ってインドに特定する者が一定数みられた。適切な関連づけを実現するための学習援助のあり方が今後の課題として挙げられた。

 

麻柄啓一,進藤聡彦
〔キーワード〕 操作,読解,誤認識,歴史学習,大学生
本研究では「徳川幕府は全国の大名から年貢を取っていた」という誤った認識 (麻柄,1993)を取り上げる。高校の教科書では, 例外として一定期間「上げ米 (大名がその石高の1%を徳川家に差し出す) 」が行われたことが記述されている。ここで, 「○○の期間には××が行われた 」 (命題a) に接したとき,これを「○○ 以外の期 間には××は行われなかった」という形(命題b)に論理変換できれば,先の誤りは修正される可能性がある。実験1では大学生62名を対象にこの関連を検討したところ, 年貢の行方を問う問題 (標的問題) での正答者は誤答者より, 命題の変換に優れている傾向が示唆された。実験2では大学生34名を対象に, 論理変換を援助することにより誤った認識の修正が図られるか否かを検討した。その結果, 援助が誤った認識の修正を促進する効果をもつことが確かめられた。知識表象を変形することは操作と呼ばれるが (工藤,2010),上記の論理変換も操作の1つであり,操作の成否が誤った認識の修正に関わることを示すものとなった。