コンテンツへスキップ

佐藤誠子、蛯名正司、工藤与志文
〔キーワード〕物の重さ,小学3年生,知識操作,ルール学習,授業分析
本研究は,小学3年理科「物の重さ」を対象に,操作可能なルールの教示が科学法則の初歩的理解に及ぼす影響について検討するものである。授業では一貫して出入りルール(出入りがなければ重さは変わらない)を扱い,その操作により物の出入りを手がかりに重さの変化を予想したり,重さの変化から物の出入りを推測したりする活動が期待された。全10時間のプランを作成し,授業の結果ルールを適用した課題解決が促進されるかを事後評価課題により検討した(分析1)。さらに,授業過程を分析することで授業者の教授活動や教材解釈が学習者の学習活動にいかなる影響を及ぼしたのかを検討した(分析2)。公立小学校3年生37名を対象に授業を実施した結果,授業で扱った課題状況と類似した問題ではルールの適用が促進されたが,授業で直接扱わなかった課題ではそうではなかった。授業過程を分析した結果,授業者の発言はルールの裏操作と対偶操作に集中しており逆操作が欠落していたことが明らかになった。このような知識操作の偏りが「物の出入り」の意味を狭めてしまい,結果的にルールの適用を制限した可能性が示唆された。

理科授業におけるルール学習の促進・抑制要因に関する検討-小5「もののとけ方」の授業分析を通して-
蛯名正司,佐藤誠子,工藤与志文
〔キーワード〕もののとけ方,小学5年生,ルール学習,授業分析,アブダクション
本研究は,小学5年理科「もののとけ方」を対象に,授業におけるルール学習の成立条件を検討したものである。研究では,まず,教科杏の問題点を踏まえ,①複数事例の使用,②ルールの典型性が高い事例の優先的使用,③実験操作とルールとの関連づけという3つの方針に基づいた授業プランを作成し,溶解ルールの理解が促進されるかを事後評価課題により検討した(分析1)。さらに,分析lで得られた結果について,授業過程を分析することにより,授業者の教授活動およびその背僚にある授業者の教材解釈が児童の学習活動にいかなる影響を及ぼしたのかを検討した(分析2)。公立小学校5年生(66名)を対象に授業を実施した結果,授業プランの方針①の有効性は確認できたが,方針②及び③の有効性は確認できなかった。これらの結果について授業過程の分析を行ったところ,①の有効性は授業者による複数事例のカテゴリー化とそれによる推論を促す発問に負うところが大きいことが示唆された。他方,有効性が確認されなかった②③については,実験における定塁的な確認の不十分さや,仮説検証のための実験としての側面の弱さが影響を及ぽしていた可能性が示唆された。