コンテンツへスキップ

知久馬義朗,加納明里
〔キーワード〕科学概念,言葉の操作,科学者の体験,生活者の体験,体験
科学法則の獲得に及ぼす①言葉の操作,②科学者の体験,③生活者の体験の影響を検討する目的で,光の直進性を主題とする実験を行った。①②③を実施する群,①②を実施する群,①③を実施する群,①のみ実施する群を設け,国立大学生を被験者とした。事前テスト時点では全被験者が直進性をまったく理解できていなかった。事後テストその他から,以下の点が明らかになった。⑴言葉の操作だけでは,学習の効果はまったく生じない。⑵言葉の操作と体験が実施されれば,体験の種類に関わらず,相関法則を用いる判断はできるようになり,単純な問題は,満点に近い水準で解決できるようになる。⑶生活者の体験,言葉の操作,科学者の体験が付加されるだけだと,因果法則を用いる論理操作はできるようにはならず,複数の法則の同時適用が必要な複雑な問題事態では,解決が極めて困難になる。⑷ごく一部の学習者に限っては,言葉の操作と科学者の体験が実施されれば,因果法則を用いる論理操作が可能になるが,複数の法則の関係を把握した上でそれらを同時適用することはできず,複雑な問題事態でも単一の法則に限って適用できる水準に留まる。

知久馬義朗
〔キーワード〕言葉の操作,生活者の体験,科学者の体験,体験,法則学習
言葉の操作,科学者の体験,生活者の体験の3者を有機的に関連付け,内容を設計し配置した教材を構成しないと,すべての子どもが基本的で重要な科学概念・法則を獲得し,かつ自発的な仮説検証的活動を示すことは実現できない。テキスト『低地の利用』は構成に際してこの点が欠落していたが,第3版にいたって言葉の操作と科学者の体験が十分に吟味,用意された状態にいたったため,この版を用いた授業は生活者の体験の役割を検討できる格好の事例を提供している。その授業はかなりの成果を収めることができたが,同時に生活者の体験が欠落していたことに起因する問題も認められた。この問題に対処した第4版での対策は,3者の充足が必要という観点がなお欠落していたため,生活者の体験の設計,配置としては不十分なものに終わったが,生活者の体験に類似した性格を帯びてもいたその対策の効果を検討したところ,第3版で認められた欠陥は克服され,また自発的な仮説検証的活動の発生も一部に認められた。ただし,こうした成果はすべての子どもにまでは及ばなかったため,内容,配置の変更を行うことで,生活者の体験としての性格づけを十分に行うことが必須と考えられた。