コンテンツへスキップ

小田切歩 ,渡部優貴
〔キーワード〕算数授業,問題解決学習,グループによるディスカッション活動,説明
本研究では,深い学びを促すための算数授業の改善に向けて,グループによるディスカッション活動を採用した従来の「問題解決学習」の効果を,個人の変化に着目して実証的に検討することを目的とした。小学2年生の算数授業において,算数文章題の問題解決過程を,事前課題-授業(問題解決学習または教師による解説)-事後課題のデザインで検討した。分析の結果,グループによるディスカッション活動においては,児童の説明は十分に促進されなかったものの,全体による問題解決においては,授業課題の解法について根拠の明確さの度合いが異なる様々な説明が行われた。これにより,ワークシートの記述において解法に関する児童個人の説明が促され,それが事後課題における問題解決プランの促進につながったことが示された。しかしながら,単元全体の学習内容を関連づけた,より包括的な説明が十分に促進されなかったため,事後課題における正答の促進には至らなかった。以上のことから,算数授業における問題解決学習の改善に向けて,問題解決学習においてグループ活動を採用する意義を再検討する必要性と,児童の学習レベルを把握した授業デザインの重要性が示唆された。