コンテンツへスキップ

大人数授業における模擬授業を取り入れた指導法の検討 ―模擬授業実施に全員が関わることによる教育効果に注目して―

石島恵美子
〔キーワード〕模擬授業,教員養成課程,初等,家庭科,大学
模擬授業は,教員としての実践的指導力を育成する効果的な指導法である。しかし,大人数の講座で受講者全員に模擬授業づくりを体験させる実践例は少ない。本研究の目的は,多数回の模擬授業を取り入れた大人数の受講者のいる「初等家庭科教育法研究」の指導法を開発し,実践し,その結果から指導法の効果を分析することであった。その結果,模擬授業を多数回取り入れた本講座は,(1)大半の学生の満足度が高かった。(2)模擬授業を参観することにより「授業を受ける小学生の目線」が芽生え,授業作りの視点が増えた。(3)多数回の模擬授業を通して,実施者と参観者が課題を共有し,質の高い模擬授業を実施することができた。(4)計画・立案・実施・評価を伴う協働的な模擬授業づくりと多数回の模擬授業の参観の経験をとおして,家庭科に関する認識度が向上したことが示された。以上の結果から,多数回の模擬授業を取り入れた指導法は,大人数の初等家庭科教育法研究において教育効果が高いことが示された。